実績を重視して依頼するのも大切

業者によって得意分野は違う

一言にwebサイト翻訳サービスといっても、実に多くの業者がいます。翻訳とは極論すれば語学力さえあれば何の道具も要らずに出来る仕事ですから、参入障壁は比較的低い業界といえます。それだけに利用者側からすると、どのサービスを利用するのかを選ぶのは大変です。翻訳には相場があってないようなものですから、提示された金額が妥当かどうか判断するのも難しいです。更には、翻訳サービスごとで得意分野が違うという問題もあります。例えばビジネス文書が得意な業者から、学術文書や読み物に強いサービスなどそれぞれに特徴があります。ビジネス文書でも業種によってまた違ってきます。こうした面があり、サービスを選ぶのはなかなか大変です。

実績はサービス選びの大きな手掛かりになります

翻訳というものは直訳では意味が伝わらないところがあり、前後の文脈を見て意訳する力も求められます。翻訳家はオールマイティということはなく、やはり得手不得手な分野があります。それが分かるのが実績です。実績を見れば、この翻訳サービスはどのような分野を得意としているのか、おおよその判断がつきます。webサイト翻訳サービスを依頼する際には、依頼したい内容に近い実績を持つサービスを選んで依頼先を決めると、大きく外れることはないでしょう。また、翻訳にはニュアンスが大事な面もあり、言い回しがしっくり来るかどうかも気になるところです。もし余裕があれば、始めにテスト的に軽めの案件を依頼して、どのような仕上がりになるか確認してから本格的に発注するのもいいでしょう。