種類の違いによるメリットとデメリット

翻訳会社のメリットとデメリット

翻訳会社では、さまざまな文書を翻訳しています。もちろん、webサイトの翻訳も例外ではありません。世界を視野に展開している企業の場合は特に、各国の言語に対応したホームページの作成が必須ですよね。翻訳会社では、人間の手によって一つ一つの言葉が訳されるため、クオリティの高い翻訳が期待できます。直訳では意味が通じないような表現や、専門性の高い言葉にも強いことがメリットです。ただし、その分野での専門性に乏しい翻訳会社に依頼してしまうと、納品後に社内での校正作業が必要になるなど、余計な手間がかかるおそれもあります。また、翻訳会社に依頼するには、それなりの料金がかかることも避けられません。翻訳会社選びは、慎重に行いましょう。

webサイト翻訳ツールのメリットとデメリット

webサイト翻訳ツールとは、言語変換プログラムを用いて、機械的に翻訳する機能のことをいいます。さまざまな企業がwebサイト翻訳ツールを提供していますが、なかには無料で利用できるものも少なくありません。各国の言語ごとにホームページを作成した場合は、更新のたびにそれぞれのwebページを変更する必要がでてきます。しかし、webサイト翻訳ツールなら、もとの日本語サイトを更新するだけで済むため、コストを省くことができるのです。webサイト翻訳ツールの精度は年々高まってきてはいますが、専門用語の翻訳には完全には対応できていないのが現状ともいえます。独特の言い回しや一般的ではない表現などがある場合は、不自然な文章になりがちです。